永康街のおやき

永康街のおやき

ご夫婦が帰った後もしばらく、私たちはお店でゆっくり過ごす。
そしてお昼も少し過ぎた頃、息子が起きたのでいよいよお昼を食べにお店を出た。

 

まずは、前回の旅行の時にここ(永康街)で出会った女性が教えてくれた、おいしいから揚げ屋さんに向かった。
前はお腹いっぱいで食べられず残念だったので、今回はぜひ食べようと楽しみにしていのだ。
なのに、ものすごく残念なことにお店はやっていなかった。
休みだったのか、それともまだ営業していなかったのかはわからないが。

 

食べようと思っていたものが食べられなかったときというのは、ものすごく悔しい。
口の中がその味を待ち構えていたのに、それを食べられないと知った時の残念さといったら・・・。
特に油ものの時のほうが、その思いは強いような気がする。

 

というわけで、ものすごくやりきれない思いでその場をあとにした。
そしてすぐ気持ちを取り直し、次の目当ての場所へ向かった。
から揚げ屋の反対側あたりにあるおやきのお店。
これもこの前の女性に教わったお店だ。

 

永康街

 

店先でおやきみたいなものを焼いていて、次々とお客さんが買っていく。
地元の人が多そうだ。
メニューを見ると、どうやら玉子入りと玉子なしとがあるみたいだ(たぶん)。
とりあえず玉子なしのほうを1つ買ってみた。

 

永康街のおやき

 

値段は忘れてしまったけど、たしか10元くらいだった。
40円しない。
ものすごく安かった。

 

日本のお好み焼きに似ていて、日本のものよりもあっさりと軽い感じで、やわらかくて食べやすい味でおいしい。
息子もぱくぱく食べた。
とりあえず食べたいもの1つ制覇。

 

もちろんこれではおなかいっぱいになるはずもない。
で、本番はこれからだ。
今度はまた道を渡ってからあげ屋さんのあるほうへ戻り、から揚げ屋のすぐ近くにある“度小月”という台湾料理のお店に入ることにした。

スポンサードリンク

次のページ>>度小月へ

たび猫の台北旅行記ブログ目次

台北旅行1日目

台北旅行2日目

台湾旅行3日目

メール

リンク