台湾在住のご夫婦とおしゃべり

台湾在住のご夫婦とおしゃべり

夫と二人でおしゃべりしながらお茶をしていると、隣のテーブルのご夫婦が眠っている息子を指差し、「かわいいですね」と日本語で話しかけてきた。
これをきっかけに、色々話をした。

 

ダンテコーヒーの中の様子

 

聞くとこのご夫婦、奥さんが日本人で、旦那さんが台湾人だという。
台北市近郊に住んでいるみたいだ。
旦那さんは台湾人だという割には、驚くほど日本語がぺらぺらで、それはもう日本人みたいな日本語だった。
日本人だといわれれば日本人だと思ってしまうほど、しゃべり方もすべて日本人っぽかった。
なぜこんなに日本語が上手な台湾人が多いのだろう?不思議である。

 

とても感じの良い親切なご夫婦だったので、色々聞いてみた。
この後私たちは“猫空”というところにMRTで行こうと思っていたので、そのあたりはどんな感じが聞いてみた。
“猫空”は山に茶畑がたくさんあるようなところで、ロープウエーもあるのだ。
それにガイドブックによると、ここには動物園みたいなところもあるので、息子が喜ぶと思い連れて行こうと思っていたのだ。

 

そしてこれは聞いて正解だった。
というのも、なんと猫空のロープウエーは今壊れていて使えないというのだ。
お二人の話によると、台風が来てロープウエーの支柱が流されてしまい、まだ復旧されていないという。
そりゃ知らなかった。
しかもさらに動物園もなくなったというのだ。
これまたびっくりである。
私たちが目当てにしていた2つともないなんて・・・。

 

ここでお二人に会い、色々教えてもらい、危なく無駄足を踏まずにすんだ私たちである。
本当に運が良かった。
お二人に会えたのも何かの縁かもしれない。

 

その後も色々な話を聞いた。
台湾のことや台湾の住み心地のことなど。
奥さんが言うには、台北はいい町だけど子育てにはあまり向いていないかもしれませんねということであった。
この後旦那さんが仕事ということで、詳しい点までは聞けなかったのが残念だった。

 

ついでに、このご夫婦にもこの辺でおいしいお店はどこか聞いておいた。
やはりこの辺はおいしいお店が多いらしい。
今日のお昼は、この辺のどこかのお店で食べることに決定だ。
お二人は旦那さんがこれから仕事だということで、お店を出て行った。
やはり移動はバイクみたいだ。
台北の町は、驚くほどバイクであふれているが、お二人とも普段の移動はバイクばかりだと言っていた。
車の渋滞がそれほどひどいということか。

スポンサードリンク

次のページ>>永康街のおやき

たび猫の台北旅行記ブログ目次

台北旅行1日目

台北旅行2日目

台湾旅行3日目

メール

リンク